シーズ広告制作会社


head office
seas bldg. 6-11 matsugae-cho
kita-ku, osaka 530-0037
telephone#:06-6351-6673
facsimille#:06-6351-6415

tokyo office
cranes park 6f
6-18-1 jingumae, shibya-ku,
tokyo 150-0001
telephone#:03-5778-4123
facsimille#:03-5778-4124

history of seas advertising
1972年10月
大阪市北区南森町に「東京クリエーティブエージェンシー」を設立。広告制作事業を開始する。

1973年7月
「東京クリエーティブエージェンシー」を「株式会社グレイス」に社名変更。

1974年5月
スタッフの増員に伴い大阪市北区南森町「八千代ビル」にオフィスを移転。

1979年4月
スタッフの増員に伴い大阪市北区南森町「千代田ビル」にオフィスを移転。

1979年10月
スタッフの増員に伴い大阪市北区南森町「八千代ビル」にオフィスを移転。

1979年4月
デザイン研究部門として「株式会社プロジェクト・ツゥ」設立。

1983年5月
スタッフの保養施設として、兵庫県東条湖に宿泊施設およびテニスコートが完成。

1983年7月
大阪市北区紅梅町に「株式会社グレイス」本社ビル(鉄筋5階建)完成。

1984年4月
東京都港区六本木に「株式会社グレイス」東京支社設立。

1985年11月
「株式会社人とモノ」設立。

1986年11月
「株式会社グレイス」北浜支社設立。

1987年7月
大阪府豊中市東豊中にカメラスタジオ「千里中央スタジオ」(敷地面積210坪)設立。

1988年4月
「株式会社グレイス」新大阪支社設立。

1989年8月
軽井沢保養所完成。(敷地面積340坪・7室)

1990年7月
「株式会社シーズ広告制作会社」設立。

1991年1月
大阪市北区松ケ枝町に「SEASビル」完成。
設計/安藤忠雄氏(敷地面積88坪・鉄筋10階建)

1991年7月
三重県志摩半島にヨットハーバーつきリゾートオフィス用地購入。(敷地面積1,500坪)

1992年1月
「株式会社シーズ市場開発研究所」設立。市場調査、商品企画(パッケージ含む)、販売戦略企画、SP・広告企画制作、メディア・チャンネル開発を主な業務とする。

1992年5月
「株式会社シーズ広告制作会社」ニューヨークオフィス設立。


SEASビル
1992年7月
「株式会社シーズ広告制作会社 東京支社」に本格的DTPシステムを導入(マッキントッシュ11台)。総合カタログのデジタル制作の取り組みを開始。

1993年7月
スタッフ増員につき「SEASビル」増床。

1995年8月
「株式会社グレイス」新大阪制作室設立。

1997年1月
「株式会社サイバーシーズジャパン」設立。WEBサイト制作、バナー広告制作、オンラインショッピングサイト運営を主な業務とする。

1997年4月
「SEASビル」にイントラネットを導入。マッキントッシュによるDTP環境を整備。

1997年11月
「SEASビル」にWEBサーバーを設置し、インターネット情報発信サービスを本格運用。

1999年3月
「シーズエージェンシー」設立。ニューメディア開発、販売と強い広告制作力をセールスポイントに営業を開始。

1999年10月
東京都港区北青山に「株式会社シーズ広告制作会社」東京制作室を開設。

2000年3月
スタッフ増員につき「SEASビル」増床。

2000年7月
「株式会社シーズ広告制作会社」が創立10周年を迎える。

2000年7月
シーズアワード2000の広告・ポスター部門で、「JR西日本・しまなみ海道キャンペーンシリーズポスター」(SEAS 越智チーム制作)が、カタログ部門で千趣会アウトスタンディングクラブ・ワインカタログ」(SEAS 佐藤・塚本チーム制作)が、その他部門で「SEAS NOTE」(SEAS 丹治チーム制作)がそれぞれ最優秀賞を受賞。

2001年7月
シーズアワード2001の広告・ポスター部門で、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンオープンキャンペーン」(SEAS 吉崎・佐藤チーム制作)が、カタログ部門で「松下電工・あかり新生活カタログ」(SEAS 丹治チーム制作)が、その他部門で「ダイドードリンコ・Ti-Ha ミルク紅茶缶デザイン」(SEAS 小畑チーム制作)がそれぞれ最優秀賞を受賞。

2001年10月
「株式会社シークルー」設立。広告企画・制作を主な業務とする。

2001年10月
「株式会社シーズ広告制作会社」東京制作室を東京支社に昇格。第2制作室を東京都渋谷区神宮前に新設し、2制作室体制とする。

2002年7月
シーズアワード2002の広告・ポスター部門で、「奈良大和路キャンペーンポスター」(GRACE 村上チーム制作)が、カタログ・パンフレット部門で「千趣会・もの語りカタログ」(SEAS 石田チーム制作)が、その他部門で「グンゼ・ノベルティポスターセット」(C CREW制作)がそれぞれ最優秀賞を受賞。

2003年7月
SEASグループが創立30周年を迎える。

2003年7月
シーズアワード2003 年間グランプリは、「月桂冠・月3連ポスター」(C CREW制作)が受賞。

2004年3月
「株式会社シーズシティーグループ」設立。

2004年7月
シーズアワード2004 年間グランプリは、 「JR西日本・DISCOVER WESTキャンペーン」(C CREW制作)が受賞。

2005年3月
「株式会社人とモノ」千里中央スタジオの3階Bスタジオを改修。

2005年7月
シーズアワード2005 年間グランプリは、 「イルドレ・日本市場導入プロモーション」(SEAS東京 佐藤チーム制作)が受賞。

2005年8月
「株式会社シーズ広告制作会社」東京支社を「株式会社シーズ広告制作会社」東京本社と改称。東西両本社制とする。

2005年12月
「株式会社人とモノ」が創立20周年を迎える。

2005年7月
シーズアワード2006 年間グランプリは、 「あなたとなら大和路キャンペーン 連作ポスター 」(C CREW制作)が受賞。

2006年8月
「株式会社シーズ広告制作会社」東京本社 第2制作室が、東京都港区南青山に移転。

2007年1月 「株式会社サイバーシーズジャパン」が、、創立10周年を迎える。

2007年7月
シーズアワード2007 年間グランプリは、 「M-int神戸 OPEN告知キャンペーン」(SEAS 富田チーム制作)が受賞。

2008年2月
「株式会社サイバーシーズジャパン」が、 大阪市北区東天満2丁目に移転。

2008年2月
「株式会社シーズ広告制作会社」東京本社が港区神宮前に移転。

2008年7月
シーズアワード2008 年間グランプリは、JR西日本 「TRAIN+ キャンペーン」(C CREW制作)が受賞。

2009年7月
シーズアワード2009 年間グランプリは、 IKEA「眠ろう、NIPPON!! キャンペーン」(SEAS 佐藤チーム制作)が受賞。


東京支社
2010年5月
大阪市北区東天満に「株式会社グレイス+人とモノ」南森町スタジオを移転。

2010年7月
「株式会社シーズ広告制作会社」が、創立20周年を迎える。

2010年7月
シーズアワード2010 年間グランプリは、 スターバックス コーヒー ジャパン「2009 Holiday promotion -WISH ON A RED CUP- 」(SEAS東京 菅野チーム制作)が受賞。

2010年9月
「株式会社シーズシティーグループ」資本金8000万円に増資。 映画・映像事業部設立。動画制作をスタートする。

2011年7月
シーズアワード2011 年間グランプリは、 三菱UFJ投信株式会社「三菱UFJ投信 会社案内」(SEAS東京制作)が受賞。

2011年10月
「株式会社シーズシティーグループ」映画・映像事業部の録音・編集スタジオが完成。 Web制作、映像制作、グラフィック制作の一貫した制作体制がスタートする。

2012年7月
シーズアワード2012 年間グランプリは、 マイプリント「 Happy Hany Paper Items 雑誌広告/カタログ」(SEAS東京 菅野チーム制作)が受賞。

2012年7月
SEASグループが、創立40周年を迎える。

2013年1月
「株式会社シーズシティーグループ」映画・映像事業部の専用スタジオが完成。

2013年4月
「株式会社グレイス動画制作会社」を設立。

2013年7月
シーズアワード2013 年間グランプリは、glico乳業「glico 幼児のみもの おいしい顔リレー 雑誌広告」(SEAS東京 武藤チーム制作)が受賞。

2014年5月
「株式会社シーズ広告制作会社」東京支社が、東京都渋谷区神宮前6-18-1に移転。

2014年7月
シーズアワード2014 年間グランプリは、 宝塚歌劇団 「宝塚歌劇100周年ポスター」 (SEAS大阪 越智チーム制作)が受賞。

2015年7月
「シーズ広告制作会社」が、創立25周年を迎える。

2015年7月
シーズアワード2015 年間グランプリは、 近畿大学 医学部 附属病院 ブランド広告 (SEAS大阪 越智チーム制作)が受賞。

2016年7月
シーズアワード2016 年間グランプリは、 Panasonic「An Advertisement Better Unsees 見えない方がいい広告」(SEAS東京 武藤チーム制作)が受賞。
現在に至る